バセドウ病は、甲状腺ホルモンの病気ですが、眼球が突出して見えづらくなる方もいらっしゃいます。

物が二重に見える、視野が狭い、などの症状を改善したくてお見えになられた方が、ご感想を書いてくださいました。

埼玉県  Tさま

1)目的   バセドウの目の症状を良くしたくて

2)ご感想   目の前が開けたようで、歩くのが楽になりました。

身体がすっきりしてきたのが、わかります。

視野が狭く暗く、足元を見ないと不安で歩けない、もしくは誰かに手を取ってもらわないと歩きにくい状態でらしたそうです。

視界が開けて、身体も楽になり、歩くのが楽しくなられたそうです。
(こちらの方の続編は、こちらから

バセドウ病は、癒道整体的には、頚椎が良くない場合が多いのですが、眼球が突出してしまうのは、日頃の姿勢にも原因があります。

また、目は、癒道整体的には、ヒザや肩甲骨とも関連があります。

それから足骨も!意外ですよね。

頚椎を整え、身体全体のゆがみを取り除き、目の関連ポイントの調整をしています。

まだ近距離での視界の改善は、今ひとつ。長年のねこ背姿勢、背筋を伸ばして改めて、参りましょう♪

 

■痛み、不調でお悩みなら、ご予約は今すぐこちらから
■他にはない!卓越した技、癒道整体!習得したい方はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!