歯の噛み合わせが悪いと、困りますよね。

施術後の、ご感想を書いていただきました。

Yさま  調布市

今まで、口を開けたとき、アゴがごりごりいっていて、左奥歯は上下が合ってなかったのが、施術後、音がでなくなり、かみ合わせも良くなった。

みなさま、歯にはそれぞれ、歴史をお持ちです。

さまざまな歯医者さんによる被せ物治療がされていたり、事故などでダメージ受けていたり、または“歯列矯正”のために、特定の歯を抜いてらしたり。

その、いわば出来上がった土台をそのままに、外側から調整していくのが、私たちのやり方になります。

「そんな!歯が動くなんて!」

そうですね、ですから、お体と合わせて調整していくのが、癒道整体のセオリーになります

お口の開け閉めが痛くてたまらない、“顎関節症”の方の場合は、まぁ大胆に調整させていただきます。

ですが、こちらのお客さまの場合、噛み合わせは良くないけれど、特に痛みはなし、

それよりも、首のねじれや目の不調などで通ってくださってます。

これまでも、噛み合わせは良くなかったのです。

 

この、上の写真の真ん中の線を、“正中”といいます。前歯の真ん中が、上の歯と下の歯で揃っていなければいけないのですが、ずっと不揃いでらっしゃいました。

私が揃えよう、としますと、やんわりと抵抗されるので、そのままにしていました。

今回、お体のねじれが、なかなか抜け切らない、という状況を打破するために、下顎の力を抜いていただいて、調整させていただきました。

“噛めない”ことは、最大の問題ですので、不都合があるようなら、元に戻すつもりだったのです。

ですが、噛んでいただきましたら、

「(それまで合わなかった左)奥歯も、ちゃんと合う!」

ということで、ホッとしました!

新しい噛み合わせに慣れていただくために、施術後、少し練習していただきました。

なぜ、こんなに噛み合わせにこだわるか!

咀嚼は、哺乳動物にとって、不可欠の機能です。ですから、その影響力って大きいのです!

噛み合わせがズレたままだと、お体の大切な関節もまた、決まらないのです。たとえば、肩関節、股関節などなど。

というわけで、今回、“頑固”な噛み合わせも、ある程度、調整が可能!!ということが判明しました!

癒道整体、すごいです!

噛み合わせでお悩みのみなさま、ご期待くださいませ~♪

■痛み、不調でお悩みなら、ご予約は今すぐこちらから
■他にはない!卓越した技、癒道整体!習得したい方はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!