バイオメカニクス整体とは

バイオメカニクス整体、と名乗ってますが、マーケティングなどのご専門の方なら、こんな名称、「絶対使うな!」と言われるでしょう。

 

なぜならば、

■一般的に知られている用語ではないので、注目されづらい
■長過ぎるし

などなど、ご指摘されるでしょう。

 

なのに、なぜ、私がこのワードにこだわったのか!

それは、私どもの整体の核心を突いている用語だから、なのです。初めて癒道整体を知った際にも、このバイオメカニクス的視点(当時はそうした概念を指す用語、バイオメカニクスを知ることはありませんでした)に、圧倒的な斬新さと革新性を感じたものでした。

 

では一体、バイオメカニクスとは!?

 


(ニュートンのリンゴのイメージです)

姿勢が悪いとその血流が阻害されるため、あらゆる病の原因となります氣の呼吸法』藤平光一著、幻冬舎文庫”

 

全く別領域の、心身統一合氣道の創設者、藤平光一さんの表現ですが、シンプルでわかりやすいと思います。

考えてみれば、当たり前のことなのです。

 

 

こちらのビフォア、左側は、猫背ではない、という視点では”姿勢がいい”とされるかもしれませんが、バイオメカニクス整体的には、あちこち、かなり無理がある”かたち”です。

無理があるので、あちこち血流等が阻害されて、不調を抱えてらっしゃいました

ヒトは、進化の過程で、さまざまハイスペックになってしまった脊椎動物、哺乳類なのです。

二本足で直立するので血圧も高くなりましたし、言語を獲得したために、大脳がこ~んなに大きく重くなってしまったのです。

しかも、活動領域が、海水中ではなく、1Gの重力下、地上なので、重い頭や内蔵を、常に二本足で支える宿命を負ってしまったわけです。

 

ですから、ヒトの特性を知り、それに沿った正しい使い方をしませんと!

こちらの左側ビフォアでは、お顔色に、血流などが阻害されているさまが、現れていますね。

 

こちら左側ビフォア(初回ビフォア)は、体の軸が前傾しています。

「体が鉛のように重くって」といらっしゃいましたが、重力という観点で、構造物としてお体を考えてみますと、物理的に明らかですね。

右側は、5回コース後でしたでしょうか、まぁ、初回施術後からは、おかげさまで、すっかり軽くなってウソみたいです!と喜んでらっしゃいました。体の軸が、重力に対して垂直で、本来のヒトに備わったS字曲線を保持されますと、軽くラクになられます。

 

 

こちらは、70代側わん症の方ですが、左側ビフォア(腰痛や肩こり首コリ、ヒザ痛などなど不調山盛りでらっしゃいました)は、横方向にナナメってらっしゃいますね。

施術数回後、右側アフターでは、体の軸がほぼまっすぐとなり、毎回笑顔でお見えになられるように^^

 

こちら、ダイエットは一切されてません。

 

左側ビフォア(初回お見えになられた際)でお過ごしでらっしゃいました(肩こり首コリなどでお見えに)が、5回コース後、右側アフターでは、体の軸が安定し、背中のS字曲線が復活しますと、代謝も改善されるのですね

スリムに、そしてお顔は小さくなられました。

藤平光一さんのおっしゃる””姿勢が悪いとその血流が阻害されるため、あらゆる病の原因となります”、が見て取れますね。

”病”とまでは行ってませんが、体が重い、倦怠感がある、各所の痛みなど、さまざま解消されました。

 

 

では、”姿勢が良い”とは!?

”姿勢を良くしたい”と、考えてらっしゃる方は、私どもサロンでも、多いように思います。

ですが、良い姿勢とは?

誰も定義したことないのでは。なんとなく、ねこ背でなくて、背筋が伸びていれば姿勢が良いのかな・・・

と、考えられているようですが、上の各種例を見ても、ねこ背でなければ、イコール健康ではないのです!

ヒトは3次元の生き物ですから、そんなに単純ではないのです。

 

 

 

バイオメカニクスとは、1901年、発生学者のルー(“個体発生は系統発生を繰り返す”、のヘッケルの弟子です)が、生物の進化に重力が欠かせない、として作った学術用語になります。

文部省(文科省以前ですね)の重点領域研究のひとつに、”生体機能と構造の維持・回復・強化のバイオメカニクス”というテーマが,

かつてあったそうです。領域研究代表者の見解は、

”・・・さまざまな器官系の機能が力学的バランスのもとで維持されるとともに、その崩壊によって各種疾患が生ずることも明らかになってきており・・・。

以上のように、”生体において力学的要素が第一義的因子となる分野はバイオメカニクスとよばれている”(『顎・口腔の疾患とバイオメカニクス』西原克成著、医歯薬出版)ということです。

 


(西原克成先生と、研修中)

 

学問として、低くみられている、と西原克成先生はおっしゃってましたが、客観的にその変化を数値化できないから、論文になりにくい、からでしょうね。

体全体のバランスの変化、それに伴って現れた症状の変化、これらは体感でしか、得られないでしょう。しかも個人の感受性は、人によって、大きく異なります。

とっても敏感な方と、ほとんど感覚が大脳皮質まで上がってこない(痛みもさほど強く感じないようなので特典とも言えるかも)方も、いらっしゃいます。

とまぁ、ワタクシ、小難しくなりがちなので、この辺りで止めておきますね。

バイオメカニクスを日本語にしたものが、生体力学になります。

 

というわけで、ざっくり申しますと、全身の力学的バランスを,本来あるべき適切なものに戻す、そういう意図で施術しておりますのが、バイオメカニクス整体になります。

そのバランスが回復しますと、あちこちラクになられるからです。それはご紹介してます、各種ご感想を読んでいただきますと、明らかですね。

 

とはいえ、50キロ以上の人体、全身のバランスなんて、そう安々とは変わりません!

本来のバランスって、一体ナニ!? という感覚を得るのも難しいです。

そこで、癒道整体の井村和男先生の施術法がベースにあって、私は本当にラッキーだったと感じております。

 


(井村和男先生と)

 

また、私が知ったときには既に故人でらした三木成夫先生の”形態学”も、非常に斬新で刺激的で、もろもろ参考にさせていただいてます。

わかりづらい”バイオメカニクス”について、まとめてみました。

是非一度、とっても気持ちいい(お客さまの表情から見て取れます)バイオメカニクス整体、お試しください。

ご予約は↓
予約ボタン

 

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

 

 

バイオメカニクス整体の目指すもの

まっすぐ立ってみましょう。

床から垂直に、身体の真ん中に線を引いてみましょう。
2本の足の間から、おへそ、のど、口、鼻の中央を通り、目、眉毛の間をまっすぐ通ってますか?そしてその身体の真ん中の線(正中線)の両側は、シンメトリーになってますか?目の高さ、肩、腰、ヒザの高さや位置が、左右バランスいいですか?

バイオメカニクス整体が目指すのは、このように中心線がまっすぐ垂直で、左右のバランスが整った身体です。

ピサの斜塔

なぜ、“まっすぐシンメトリー”が大切なのでしょうか?

家で考えてみましょう。

2階の部屋の床にゴルフボールを置いたら、コロコロと隅に転がっていくとしたら、床が傾いてますね。原因は、土台かもしれません。1階の柱の強度かもしれません。

1階の天井裏に、たとえば、上下水道の管とか電気の配線などがされていたとします。2階の床が傾いている状態が長年続いたとしたら、水道や電気の配線が、傾いている方だけ、長年圧迫を受けていたとしたら・・・。水や電気の流れが滞ったり、詰まったり、断線したり破裂することもあるかもしれません。

家を身体、水道や電気の配線など家のインフラを、血管や神経、に置き換えて考えてください。
身体も家も、まっすぐでゆがみがない状態が健全なのです。

まっすぐシンメトリーにするために、バイオメカニクス整体ではどういう調整を?

片側だけつっぱってる頬骨を、引っ込めようとしても動きません。
よくある曲がったカカトも、力まかせでは動きません。リフレクソロジーでもフットケアでも、それはそれ、骨が動くわけはないからどうしようもない、という前提で施術してました。

バイオメカニクス整体では、骨は動きます。土台の要衝、カカトもよくなります。

なぜ動くの?

直接アタックしないで、他から攻めるからです。気になるカレに、直接迫るのではなく、友達や家族からアプローチする、という感じです。この関連が、リフレクソロジーなら、たとえば腎臓の反射区は、足裏中央、というように1対1ですが、バイオメカニクス整体では無数にあります。

しかも、飲み会のお知らせなら、Aグループ、親族のお付き合いならBグループ、というように、それぞれ狙う効果によって、使う関連性も変わってくるのです。

トラブルのあるカカトではなく別の関連のある部位を選んだとして、そこからまた行う施術方法にバリエーションがあります。お身体もトラブル具合も、お一人お一人違いますから、効果が見込まれる施術方法をそこで選択します。

というわけで、硬い部位でなく関連のある別の部分をアタックするから動きやすい、そしてその施術方法もまた独特なので、バイオメカニクス整体なら、動かなかったものが動くのです。師匠井村和男先生が開発された癒道整体の、他にはない効果です。

施術方法が独特とは?

みなさま驚かれるソフトタッチ刺激です。カイロプラクティックや一般の整体、マッサージとは全く違います。ボキボキしません。ソフトタッチだからこそお身体全体が整うのです。

人間の身体には、血管や神経などが身体中にはりめぐらされています。末端に加えられた刺激を統括するのが、脳の神経細胞です。この脳の働きで、離れた部位が調整されるのだと推測されます。

癒道整体を開発された師匠、井村和男先生は、これら無数の関連性と法則性を、ご自身の施術データからあぶりだし、施術方法を開発、それらを体系化しました。

施術中は?

ほとんどのお客さまが、深く眠られます。井村先生は、経験的にソフトタッチ刺激の方が効果が高い、つまり脳は痛い刺激は拒否する、と推測しました。

ソフトタッチ刺激を加えていくと、みなさま眠りの世界へ。目覚めてイキイキ活動する交感神経ではなく、ご自分の身体を調整・修復する副交感神経が優位になった状態になるからです。

つまり、ご自身の自然治癒力を、施術に活用しているのです。だから無限の可能性が期待できるわけです!

en sommeil

施術後

深く休まれたあとは、頭も身体もスッキリされる方がほとんどです。ゆがみの歴史の長い方は、3か月から半年くらい余裕をみてください。

バイオメカニクス整体の沿革

1995年~、井村和男先生が開発、2004年正式に癒道整体と命名。『癒道整体』(2004年)を出版。
それ以前、井村先生は、カイロプラクティック、オステオパシー、東洋医学、高麗医学、身体均整法を習得、熱海で大人気の施術所を経営されてました。

ですが、どうしても改善しない症例にぶち当たり、これまでにない、西洋医学とも東洋医学とも、カイロプラクティックとも既存整体とも異なる施術法、癒道整体を開発されました。現在も、より効果的な施術法を開発し続けてらっしゃいます。

残念ながら、2018年3月に、“癒道(いどう)”という、井村和男先生が造語した言葉が、全く関係のない同業他社に商標登録されてしまう、ということ、になり、商標法違反となるため、“癒道整体”と、大っぴらに使うことが出来なくなってしまいました。

そのため、一時は“井村整体”としておりましたが、紛らわしいので、2018年11月2日より、バイオメカニクス整体と、改めました。

2018年6月、井村和男先生から、「癒道整体は、あなたに任せる。名前も変えていいよ、自由にやっていい」と言われておりました。私としては、井村先生に、一日も早く復活していただいて、本当の本来の効果の高い、癒道整体を、もっと広めていただきたい、と願っておりましたが。

先生との写真小

先生本写真小

左上から
『癒道整体医学』
『癒道整体』
『歯顎整体』
『驚異の顔面骨テクニック』

長年、癒道整体でみなさまのお体を調整させていただいて参りました。

近頃では、医学博士、西原克成先生の、重力進化学、生体力学の考え方を基本に、癒道整体で調整をさせていただいております。

生体力学的な視点で施術すると、より効果が高い、と気づいたからです。


(日本免疫病治療研究会の2018年夏合宿、油壺マリンパークにて)

そこで、重力進化学、生体力学(バイオメカニクスの日本語訳)をベースに、癒道整体で施術させていただく“バイオメカニクス整体”と、改めることにいたしました。

詳細はこちらから