30年来の巻き爪!足全体でしっかり踏める!

巻き爪のお客さまが、いらっしゃいました。30年くらい巻き爪でお困りだそう。

 


(足の爪のイメージ写真)

巻き爪とは、つめの側面が、内側に巻いてしまう、という症状で、足の親ユビに多いかと思います。

内側に爪が巻いてしまうので、それがあたって痛い、化膿してしまう、靴はくと痛い、などなど。

ご感想を書いていただきました。

 

横浜市  Hさま

1)目的   巻き爪

2)ご感想   巻き爪になる理由を説明していただき、背中のゆがみからきていることがわかりました。

背中だけではなく全体的にねじれていたりしたので、頭から足の先まで調整をしていただき、大変体が軽くなり視界も明るくなりました。

一回では治らないので、これから体のメンテナンスをしていきたいと思います。

 

 

ウオノメに比べて、巻き爪でいらっしゃるお客さまは少ないので、ご感想書いていただきました。

お体がラクになられたことにとても驚かれて、そうした内容になってますが、

■首ラク
■背中がらく
■腕軽い
■足が軽いし、しっかり踏める
■頭が軽い
■視界が明るい

など。フットケアで爪のケア、ゆびのねじれを防ぐ処置などしましたので、足全体でしっかり踏めるようになられました。多分、爪の痛みもなくなったかと思います。体の話題でもちきりだったので。

だいたい、考えてみてください。爪切りにしても、足の親ゆびの爪は、固くて厚くて!

その爪がくるくる内側に巻いてしまうなんて!(実際の巻き爪写真を、Web上でみつけましたが、ちょっとエグイので出しません。)

通常ありえませんよね。

フットケアでは、痛みを感じないような爪の切り方を推奨したり、お医者さまなどでは、爪にワイヤーを装着して、爪が巻かないような処置をされるようです。

私もフットケアで、そのようなことを教えていただいてきました。

ですが、あの分厚い親ユビの爪が巻いてしまうのは、そもそも足のユビがねじれているからなのです。

症状が出ている末端の爪だけ見て処置しても、根本解決には繋がりません。

ユビがねじれるのは、そもそも足根骨やカカトの踵骨など、さまざま要因が重なっているわけなのです。

 

 

体は、全身でひとつですから、さまざまな部位が関連しあっています。

足に対応する部位も、癒道整体の師匠井村和男先生が、さまざま見つけてくださいました。

足は、爪だけでなくカカトなどもカチカチですから、お体と照らし合わせて調整しますと、変化しやすくなられます。

そのあたり、ウオノメとも同じ考え方になります。

というわけで、背中のお話をいたしましたが、背中のみではありません。対応する部位はあちこちありますので。

井村和男先生に教えていただいたことで、非常に有益なものに、

「決めつけない!」ということがあります。

そうなのです、常に柔軟に見る考えることが大切だと考えています。

 

 

帰り際、

「これで巻き爪良くなったら、先生のことすごく感謝しちゃう」と、可愛らしいことをおっしゃってました。

まぁ、良くなる余地はたくさんありますからね、楽しんで参りましょう♪

 

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

 

Follow me!