脊柱菅狭窄症と言われてましたが・・・腰がラク!

脊柱菅狭窄症と診断されてらした、というお客さま、腰の動きがラクになられたそうです。

ご感想を書いていただきました。

 

目黒区   Aさま

車の乗車が楽になった。
 
朝起きたとき、腰の状態が良くなった。

 

なんでも、

■ホール(ゴルフ場の)に入ったゴルフボールを拾うのが、ラクになった。
■車の運転席に座ろうとすると、以前は頭をドアにぶつけていたけれど(腰の痛みのため)、スムーズに乗れるようになった。
■起床したときの、腰の状態が良くなった。

などなど、お見えになるやいなや、話してくださいました。

 

 

もともと、両ヒザが変形性膝関節症で痛い、ということでお見えになられました。

ヒザはすぐに良くなられ、ヒザの痛みが気にならなくなられましたら、

「脊柱菅狭窄症と言われた腰が、ときおり痛い」と。

 

 

そして、腰部のレントゲン写真を見せていただきました。

実は私、脊柱菅狭窄症という症状は、初めてだったのですが、レントゲンを拝見しまして、おおよその見当はつきました。

よくある腰痛の、骨のズレを整えるだけでなく、背骨が本来持つ、いわゆるS字曲線という、自然な湾曲(わんきょく)が、多分必要なのでは、と考えました。

 

 

このように、直立二足歩行を始めたヒトは、背骨の自然な湾曲(カーブ)があることで、体重を分散させて、直立姿勢を維持するような構造になっているからです。

 

といっても、腰の湾曲なんて、腰だけいじって、人為的に作ろうとしてもムリなのです。

着地する足(足骨や筋肉たくさんあります)から、首、頭部まで、全身を整えませんと、自然な湾曲をもたせるのは、なかなか難しいと思います。

そうするうちに、もう腰はラクになられたようで^^ 良かったですね。

そうそう、長年のトラブルをお身体のあちこちにお持ちですので、”弱点改良プログラム”で、ご自身でもエクササイズ実践していただいてます。

ますますラクになられますように☆

 

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

 

Follow me!