腰痛、家で休養するか、整体行くべきか・・・?

先日いらした腰痛のお客さま、2,3日お家で休養して、良くなるかどうか様子を見てらしたそうです。

それで改善する様子がなかったので、ご予約入れた、ということでした。

 

 

さて、家で静養しているのと、整体行くのと、どちらがいいのでしょう?

申し訳ないのですが、私、ぎっくり腰はもちろん、腰痛経験ないものですから、痛い側からの目安など、なんともわかりません。

施術側から申しますと、静養して好転しそうであれば、ステイホームで良いかと思います。

■ですが、今回のお客さまの場合、「動きのたびにピキピキ痛む」ということでした。

 

そしてその痛みが、静養にもかかわらず変わらなかった、そうです。

このあたり、目安となるのでは。

「そんなこと、言われなくてもわかってる!」、とリアクションいただきそうですが、そうですよね。ご自分の感覚に頼るほかないですよね。

今回こちらの“ピキピキ痛む”ですが、全く私のカンですが、“もやもや血管”のようでした。モヤモヤ血管についてはこちら;『長引く痛みの原因は、血管が9割 』(奥野祐次著、ワニブックス)

 

(枝、毛細血管のようにも見えますね)

 

良くない部位は、触れると大体わかるのですが、このモヤモヤ血管らしきものが占めていた部位は、結構広く胸椎12番周辺に点在してました。背中の真ん中よりちょっと下のあたりですね。

それらをひとつずつ、クリアしていきました。

また腰椎3番にも、腰仙関節にもトラブルあり、それらを調整しました。

そうした調整が、長く続くよう、お体の他の関連部位も、もれなく整えますので、“モチがいい(効果が長くつづく)”と言われます。

 

■そうそう、そもそも、“すべり症”気味でらっしゃるお客さまでした。

 

すべり症とは、腰椎(腰部分の背骨)の一部が、筋力不足などにより、ズレが生じてしまう症状を指します。滑り台とは、全く関係ありません^^

これは、加齢による筋力不足が、大きな原因ですので、腰椎をあるべき位置に整えた上で、筋力増強していくしかありません!

ですので、施術後、適切なエクササイズをいくつか、順番も含めて詳しくお伝えしました。そうですね、”自分で自分の体、良くしていこう、弱点改良プログラム”のお客さまです。

 

すべり症につきましては、放置してますと、坐骨神経痛、脊柱菅狭窄症などへ悪化する恐れがあります。

ですので、こうした症状にお心当たりある場合は、そのあたり、きちんと調整してくださる整体などへ、早めにいらっしゃるのがよろしいかと思います。

整形外科のお医者さまについては、私はこちらも行ったことがないものですから、よくわかりません。おウワサは、さまざま伺ってます。

 

というわけで、腰痛、静養すべきか、整体いくべきか、ざっくばらんに書いてみました。

ご参考になりましたら嬉しいです。

 

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

 

Follow me!