子育てにおいて、身体を使った遊びがいいですね、というお話を書いてきました。

思い出したのは、ベルギーに留学していたときのこと。

 

ベルギーは、ヨーロッパで一番降水量が多いとか。どしゃ降りではなく、シトシト小雨がよく降る、そんな感じでした。子供たちはみな、腰に装着するタイプのレインコートをつけて遠足とか行ってましたっけ。

そんな土地ですが、日曜日になると、家族みんなで森に散歩に行くのです。

雨が降ってても!

ドイツ系の人たちも同様だそう。多分、ヨーロッパでペストが大流行したときも、って、14世紀、16、17世紀と古い話しですが・・・

森に生活する人たちは、健康を維持していた、という歴史もあって、“森に行く”ことが身体に望ましい、と考えられてきたのでは。

 

すてきな森が、すぐ裏手にある、というロケーションも羨ましかったです。

森はさておき、やはり“歩く”ことは大事です!

60代以降の方で、腰痛、ヒザ痛などにお悩みの方たち・・・そのほぼ100%が、

「歩くの嫌い」と、おっしゃいます。

 

さあ、どんな人生を選びますか?人生はご自身の選択の歴史です!

次回、そんな雨ばかりの国で、

「彼は太陽とともにやってくる!」と、まことしやかに語られていた日本人がいらっしゃいますよ。

その方について、書きますね。

 

 

■痛み、不調でお悩みなら、ご予約は今すぐこちらから
■他にはない!卓越した技、癒道整体!習得したい方はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!