関節が痛~くなり、手足など動かしづらくなってしまうリウマチ。

10年来のリウマチの方に、ご感想を書いていただきました。

 


(イメージ画像です)

 

大田区 Yさま

1)目的   しつこいウオノメ

2)ご感想   10年来のリウマチで、手のひらが閉じ気味ですが、施術を受けると開くようになりました。

ウオノメも、靴対策の成果もあり、ひどくならないです。ゆがみが少しずつ解消されてるんだと思います。


手のひらが開くとは、

こんな感じ♪ こちらのお客さまは、毎回、両手が閉じ気味でいらっしゃいます。特に右手首がキツく閉まった状態になられます。

そこを、丹念に開いていきます。手首が閉じてしまうと、指先への血流が滞り、さまざまなトラブルになってしまいます。

そうなりますと、バイオメカニクス整体的には、指先だけでなく、体の指先と関連のあるあちこちが、また固くなってしまうのです。

ですから、毎回開いていかないといけません。開いた状態で、指先まで十分にホカホカになっていないと、いけないと考えます。

なかなか、固く閉じた手首を、開放させるのは、難しいです。手間かかるんです!

また一方、こちらのクライアントさまは、もともと酷いウオノメでいらっしゃいました。

酷いウオノメができる、ということは、体全体のバランスがかなり乱れている、いわゆる歪んでらっしゃるからですね、バイオメカニクス整体的には!

ウオノメ・・・これまで何人もの方のウオノメの芯の処理をしてきましたが、体のゆがみを取っていきませんと、完治することはありません!

足だけの処理ですと、単なるリピーターになってしまわれるのです。

というわけで、手足は大事!

 

もっともっと、ラクになられますように☆

■痛み、不調でお悩みなら、ご予約は今すぐこちらから
■他にはない!卓越した技、癒道整体!習得したい方はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!