強迫性障害、確認する回数減って、毎日おだやかに!

強迫性障害、という症状があります。

さまざまなタイプがあるようですが、カギをかけたか、など何度もチェックしないと不安になる、という”確認障害”が多いようです。

 

うれしいお知らせを伺いましたので、ご感想を書いていただきました^^

練馬区   Tさま

強迫症で何回も(10回以上)カギなどの確認をしてましたが、こちらへ来てから、

6回と回数が減って、
悩みの便秘が、とても快便になって、
メンタルも安定して

毎日おだやかにすごせるようになりました。

 

始めのころは、出かける前に、カギをかけたか、15回チェックしないと玄関をあとにできない、とのことでした。

それが、6回と半分以下に減ってよかったですね。

こちらは、10年以上、強迫性障害の症状に悩んでらしたお客さまです。心理療法など、さまざま試されたそうですが、私共で、体の使い方などに気をつけるようになって、ずいぶんとラクになられたそうです。

 

 

日々、さまざまなお体拝見してます。

そこで思うのは、大脳新皮質でいくら過去など考えても、体は解放されない、かえって膠着してしまうような。

それよりも、大脳辺縁系の機能を回復させて、体全体がすっきりラクな状態に、体をリリースさせた方が、効果的だと思います。

思いっきり自然な笑顔になられますから!

大脳辺縁系の機能を回復!?

そんなことが出来るの!?って思いますよね。整体の師匠、井村和男先生は、さまざまマニアックネタを遺してくださいました。ありがたいですね。

先生がよく話されてました、

「(どんな方がいらしても)やるっきゃないんだよ!」と。

そう、少しでも辛さが軽減されるよう、やるしかないのです。そこでさまざま試行錯誤を繰り返すわけです。

また、脳は、腸が発展したものですから(『腸は考える』藤田恒夫著より)、腸も改善されてよかったですね。当初は、「ポリープがあるに違いない」と思いつめてらっしゃいました。

メンタル系の方は、必ず腸にトラブル抱えてらっしゃる傾向があります。

その腸もふくめ、さまざま効果があったと、ご本人が感じてらっしゃるのが、”視力・弱点改良プログラム”です

導入当初の現在は、とてもお手頃価格になってますのでオススメです。取り組まれる方が、どんどん増えてます。


(イメージ写真、その方に合った簡単な内容になります)

 

こうしたメンタル疾患、なんとかしたい!、とお考えでしたら、究極ケア、そして適切なサプリメントの摂取、プラス弱点改良プログラム、、これが経験上導きました、早道になります。

こちらのお客さまも、こうしたプロセスを重ねられて、結果を体感なさってます。

ご参考に。

強迫性障害、腰痛が和らいだ方のご感想などはこちら

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

Follow me!