ずっと痛かった親指が・・・ラク! 痛みには”原因”アリ!

指や手、腕の痛み、日に何度も直面せざるを得ないので、わずらわしいですよね。

 

そして、こうした痛みにきちんと対処できる方法は、ほとんどないのでは。

親指の痛みが解消されたお客さまに、ご感想を書いていただきました。

八王子市   Hさま

右手の親指の痛みが楽になりました。

 

数ヶ月前から、痛い、とのことでした。

こちらのお客さま、頚椎、頭部など、あちこちにトラブル箇所がありまして、なかなか指まで至りませんでした。

そしてこの日、親指に着目しましたら、大菱形骨(だいりょうけいこつ)がよろしくない、ということに気が付きました。

もともと、手首の使い方、クセが独特で、毎回修正しています。整えるべき部位がかなり多いので、大菱形骨解明まで至らなかったのです。

で、手首はもとより、大菱形骨がかなり内側に入り込んでいます。

そうそう大菱形骨とは!

親指の下にあります、この赤く印をつけた小さな骨になります。

この小骨、ヒトにはたくさんありますが、こうした小骨のズレが、しつこく付きまとう痛みの原因となっていることは、多いのです!

そして、この大菱形骨のズレですが、取り除くのは、難しいのですね。

ワタクシは、厚かましくも、師匠井村和男先生の御手で、何度も練習させていただいたのです、ホント、図々しいですね^^

ですが、こちらのお客さまの複雑に手首から入り組んだ大菱形骨は、なかなか自由になりません。

私も知ってました、ある”医療系の器具”を使ってらしたそうで、独特の手首の使い方を続けてらしたのですね。

でも、メゲてはいけないのです。

こういう場合は、頚椎です。

もう複雑に絡み合っている頚椎を、また更に丹念にほぐして正して参ります。

こちらのお客さま、首コリ、肩こりを長年抱えてらしたそう。カイロプラティックなどに通ってらしたそうですが・・・。

こちらの場合、かなり後頭骨に入り込んだ上部頸椎で、カイロの手法では、アクセス出来ないのでは。

というわけで、毎回のプロセスになります(長年にわたる、よろしくない体の使い方が習慣となってらっしゃいまして)が、丁寧に後頭骨、側頭骨から後頭下筋まで、極めて繊細な部位ですので、丁寧にほぐして参りました。

そうしてようやく上部頚椎に相当する部分が、マシュマロのように柔らかくなりましたら、大菱形骨も、無事に解放され!

「痛みがない!」状態に。

そうなのです、痛い”手”をいくらいじったところで、どうにもならないのです!

頚椎が整いませんと!

この場合は、頚椎でしたが、他の部位のケースもあります。とはいえ、頚椎をきちんと整えませんと、どの部位も良くなりません。

そして、頚椎調整は難しいのです。

 

というわけで、痛みという現象には、必ず原因があります!

この場合の親指の痛みは、

■大菱形骨の位置ズレ
■ずれたのは、妙な手首の使い方をされたため
■そもそも上部頸椎の状態がよろしくないので、体のあちこちにそれが波及してしまう

といった流れが推測されます。

こうして原因を究明した上で、それをきちんと取り除かなければ、痛みから解放されることはありません。

世の中に、原因不明の病は多々ありますが、

 

 

原因不明では、対処できるワケがないのです。

 

とはいえ、原因がわかったところで、それを取り除くのは、ある程度の技量が伴いませんと難しいです。

というわけで、

1)的確に原因を推察

した上で、

2)原因を適切に取り除く

この2つのステップを踏むことで、90%以上の方に「ラクになった!」と体感していただける施術をご提供しております。

自分がサービスを受けるとしたら、こうでなきゃイヤ、と思うからです。

どんどんラクになられますように☆

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

 

 

 

Follow me!