痔・・・痛かったお尻が、ラク!

「朝からケツ(失礼いたします、リアルな再現です)が痛くて」というお客さまがいらっしゃいました。

 


(イメージ画像)

 

ご感想を書いていただきました。

さいたま市   Yさま

お尻が痛いのが、楽になりました。(痔にて)

 

お尻が痛い、というのも、さまざまヴァリエーションありますね。こちらのお客さまの場合、以前から痔の症状が出ることがある、と伺っておりました。

痔・・・一般的な整体では、多分、扱わないのでは。

バイオメカニクス整体では・・・

 


(『プロメテウス解剖学』より)

 

上↑は、男性の骨盤になります。紫で塗ったところが、尾骨になります。

仙骨の下にある小さな骨です。尾骨を骨折したけれど、整形外科では尾骨はどうにもできないから、自然回復を待つように、と言われた、という人の話を聞いたことがあります。小さいし、さまざま錯綜した部位にあるので、難しいのでしょう。

癒道整体を始められた師匠、井村和男先生は、全く先入観なく果敢に真理を追求されたように思います。

尾骨のねじれや、過度の屈曲が、痔の原因ともなる、と考察されました。

そこで、尾骨の調整法を編み出されたのですね~!本当にありがたいですね。

それにしても、まずは仙骨や腸骨を整えないと、尾骨にアタックは出来ないのですが。

というわけで、途中うつ伏せ状態で、

「お尻痛くないですね!?」

「大丈夫です~」と確認。

 


(イメージ画像)

そして、仰向けで再び、お顔、頭部を調整いたしました。

肛門に対応する部位が、頭部やお顔にもあるのです~!

それらも含めて、総合して調整しますと、更に、モチ(良い状態の)が良くなるのです!

 

肛門がお顔にもあるって、なにか嫌なお気持ちになられますでしょうか。

摂食の口、排泄の肛門、どちらも生き物にとって、非常に大切な部位ですよね。

 

そんな重要なことを、解明してくださった師匠、故井村和男先生に、感謝です。

私は毎回、勉強会の開始30分前に、会場に到着して先生に質問しまくりしてました。本当は、1時間前に行きたいくらいでしたが、先生のご迷惑になるので(30分前でも十分、ご迷惑でしたね)控えました。

セミナー中も、ずっと井村先生の側で、その都度、質問を繰り返してました。

うっとうしいですね~。

 

それは、お困りのお客さまがいらした際に、対応できないことがないように、という探究心というか責任感のようなものもありましたが、

単に、おもしろかったからです。新たな見識を得ることが、楽しかったしおもしろかったからでした。

そもそも、井村先生ご自身が、洒脱なギャグを飛ばす楽しい方でらっしゃいました。

そんな先生とのお喋りの中で、頭部の肛門ポイントも、チラっと伺ったことがあったのでした。

合掌。

もっともっとラクになられますように☆

 

■どこへ行ってもよくならない、痛み、不調でお悩みなら、ご予約はこちらから
■究極に良くなりたい方はこちらへ!
メニュー/アクセス/メールでご予約/
月曜木曜定休:営業時間9:30~20:00(最終受付)

 

 

Follow me!